医学不要論との出会い

塩と出会い、自分で商売を始める前までは、風邪をひけば病院に行って薬をもらうのが当たり前だと思っていました。

 

今は風邪をひきそうになったら、食事をひかえ、風呂に入って汗をだし、塩水を飲んでゆっくりと寝ることにしています。

 

食養生という考え方がある事を知り、日ごろの食生活にも気を使うようになりました。

 

薬にはさまざまな副作用が伴うということは知っていましたが、それは副作用ではすまされない「毒的」なものを含むものであるということも学びました。

 

この毒的な薬に頼る前に、健やかな食と、その中でも重要な塩と水を使って健康改善ができることをもっとお医者様たちは発信するべきなのになぁ。と思っているところ、自らをキチガイ医と称し「医学不要論」を唱える内海聡先生を知りました。

先生の記事には非常な勉強をされて真摯に医療について考察されている部分と、毒を発しながら現代社会への苛立ちを表明されている部分の両面があり、この方には敵も味方も大勢いるのだろうなと思っていました。実際にFBでのフォロワ-数は13万人を超えるのですから驚きです。

 

その内海医師の「うつみんのセレクトショップ」でクリスタル岩塩を扱っていただけることになり、今週から販売が始まっています。

 

これを機に、ますます医療と食について自分なりに学んでいこうと思っていますが、新たなドアが開かれたような気がしておりワクワクとしています。

 

医学がなければ困ることもあり、現代医学のすばらしい面も確かにあるはずですが、その影になっている部分にもきちんと目をこらしていく必要があると思っています。

 

まずは自分自身の身は自分で守るという基本的な姿勢を大事にしながら学ぼうとすると、世の中にはびっくりポンな考え方や技、食。がある事に気づきます。

 

元気の源を紹介する源気商会としては、塩おやじが自ら実験台となり、これは確かにええわ、と思うものだけを紹介していこうと思っています。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

本日は土曜日。ゆっくりとスローダウンで英気を養ってください。