三浦海岸でスケッチ大会

お盆休み気分もそろそろおしまいでしょうか。

楽しい時間はすぐにすぎてしまいますね。

塩おやじは暦通り労働していますが、土日は少し夏休みらしい事もしようと、旧友に誘われて、三浦海岸で風景の写生をしてきました。

息子二人もなぜか同行です。

実は塩おやじ高校生のころから油絵を書き始め、芸大に行くために美術浪人をしたこともあります。結果その夢を果たすことはできなかったのですが・・・

それから30年余り。気がつくと、忙しさと仕事を理由に絵筆をとる事もなく、あるうしろめたさを感じながら絵とは距離をとってきました。

それは自分にとっては、ちょっとヒリヒリするような傷だったのですが、先日、旧友から風景でも描いてみないか?と誘われて、

「それもいいか。面白そう。」と思い当って、友人が企画した風景写生合宿に参加したわけです。

 

もう、ただ純粋に難しい事は考えず、絵筆を動かしてみよう。そんな心境で挑んだ白いスケッチブック。

イーゼルをたてて絵を描くなんてもう何十年ぶりです。

思ったように描けません。下手くそだなーと思いながら、でも心はとても愉しんでいました。

私の古いカサブタがやっときれいにはがれて、新しい皮膚が顔をだしたかのようです。

これからも何にとらわれる事なく、絵を描いていこうかな。

誘ってくれた角田さん。ありがとう。