フルマラソンを完走した友

塩Gの前職は、テレビ番組や企業紹介ビデオを制作する映像制作会社でした。なかなか自分ではいけない辺境地の取材など、いろいろと貴重な経験をさせていただきました。

当時の制作スタッフとは今でも交流が続いており、苦楽をともにした戦友かと思っています。

私が在籍した当時は雇用環境や働きすぎに今ほどスポットが当たっていなかった背景もあり皆、激務をこなしていました。夜間泊まり込みの編集作業や早朝からのロケは当たりまえ、ロケ後の飲酒もあって、よく身体が続いたものです。

その現場で一緒に働いていた友人から今年4月、フルマラソン(東京マラソン)を完走したという連絡が入り、その当時、体調を崩しがちだった彼の事を思い出して、その快挙に拍手を送らせていただきました。

私と一緒に働いていた頃の友人は、メタボ気味の不健康な中年男性であり、痛風やら喘息やらで、いつも少しつらそうにしていたと思います。

私が塩屋を始めた2012年頃、彼がご祝儀変わりにクリスタル岩塩を購入してくれました。その数日後、連絡があり「なんかこの塩凄くない?この塩舐めると咳止まるんだけど・・・」と言うのです。

【2013年頃】

クリスタル岩塩を紹介してくれたトルコの社会学者・ユージェル氏からはそういう事例があるとは聞いていたのですが、身近な人間からの連絡に嬉しい驚きを感じました。

その後、定期的にあって酒を酌み交わしたり、Facebookでの情報交換をして交流を続けていたのですが・・・

2013年頃から彼が近所のラーメン屋をサイクリングしながらめぐる様子をアップすることが多くなってきました。ただでさえ体調良くないのにラーメンばかり食べて大丈夫かよ、という周囲の心配とは裏腹にラーメン巡りのサイクリングは徐々に加速して、ついには片道何十kmとかの遠路を走って「名店」を巡るのが当たり前となっていきました。

そんな友人に久しぶりに会うと、別人のように元気そうなのです。もうその頃になると、この人に何と言っても「ラーメン巡り」だけはやめることはないだろうという認知がされるようになり、周囲はその記事を楽しむようになっていました。

サイクリングで体力をつけた友人が次に取り組んだのが「ランニング」です。GPS機能を使ったランニング履歴がアップされるアプリが記す距離とタイムが、どんどん長く、どんどん速くなっていくことに、本当に驚いていました。

その彼のひとつの大きな成果が東京フルマラソン完走だったわけですが、7年前の彼を知っていて、久しぶりに会うのであれば「本当かよ!」と信じないと思います。

そんな、彼にフルマラソン完走の要因のひとつは「クリスタル岩塩」って紹介しても良い?と聞くと快諾してくれました。

本当は彼の積み重ねたトレーニングこそがその成果の源なのですが、好きな事(ラーメン)と挑戦したい事(サイクリング・ランニング)組み合わせたら、なんだかいい感じのマッチングになり、それが続けたら運と実力がついてきた。のだと思います。

今夏もクリスタル岩塩をポケットにいれて、友は走るのでしょうね。

事故と熱中症にだけは気を付けて!!また、ゆっくりと飲みましょうね!!

笠木ディレクター!!

【2018年東京マラソン】