岩塩の使い方

「塩」はその成り立ちによって、大きく2種類にわけることができます。「海塩(かいえん)と岩塩(がんえん)」です。

 

海塩の変わり種として、内陸性の塩分濃度の高い湖でとれる「湖塩(こえん)」がありますが、今回は湖塩は海塩に含めて説明をさせていただきますね。

 

「海塩(かいえん)」は太陽光や人工的加熱によって海水を蒸発させて得る塩のことです。

 

対して「岩塩(がんえん)」は内陸にある「岩塩層」から採掘されるお塩のことです。

 

岩塩で有名なのが「ヒマラヤ岩塩」ですが、多くはパキスタン産であり、インド産、チベット産も含めて「ヒマラヤ産」と総称されています。

 

他にも岩塩はヨーロッパ、アメリカ、中南米、ロシア等、世界各地で採掘されています。

 

岩塩のもともとの姿は古代の海であり、この海が大陸移動と地殻変動によって地下に潜り込み、それが結晶化して塩になっています。(わかりやすくシンプルに説明)

 

海塩も岩塩も元々は「海」から作られたものですが、海塩は現代の塩、岩塩は古代の塩と、その違いを説明することができます。

 

岩塩の形成には非常に長い時間がかかっており、(何億年単位!!)その埋蔵量は膨大ですが、石油と同じように有限なものです。

 

人工岩塩の開発は世界で誰もやっていないと思いますが、今ある海塩を高圧力で長期保存したら人口岩塩はできるのかもしれません。ただ、それをいつの時代の人(?)が使うかは定かではありませんが・・

 

成分の話をすると、天日干しや釜炊きによって作られた海塩と岩塩には、違いがあります。海塩のほうが微量ミネラル(マグネシウム・カリウム・カルシウム他)の成分比が高く、特にマグネシウム含有率が高い傾向があります。対して、岩塩は塩化ナトリウムの成分比が高く、微量ミネラルが少ないお塩になります。

 

岩塩形成中に、マグネシウム等の微量ミネラルが抜けていく為です。

 

健康食品として微量ミネラルの有効性に比重をおくと、岩塩はその期待に応えるものでありません。

 

ただし、岩塩の塩化ナトリウム部分のクオリティーが、現代の海塩とは別物であるという仮説は成り立ちます。

 

ひとつの理由は、岩塩の原料が汚染とは無縁の古代の海水であるということです。

 

もうひとつは結晶化に際し、強力な圧力が加わっているという点です。圧力が加わることにより結晶が高密度で、岩塩が水や体液に溶けた場合、非常に小さなミネラル粒子にイオン化され、細胞膜の穴を通りぬけやすいものになるという説があります。

 

岩塩が不思議なセラピー効果を発揮するというのも興味深いポイントです。岩塩採掘場にこもる事で、呼吸器疾患やアレルギー改善効果が多数報告され、欧米ではヒマラヤ岩塩を敷き詰めた「岩塩ルーム」が薬を使わない治療施設として活用されていて、「ハロセラピー(塩を利用する代替医療の一形態)」と呼ばれています。科学的にはまだまだ解明されていない部分がある事も付記しておきます。

 

 

微量ミネラルが少ないから、岩塩はNG!と一刀両断するのではなく、岩塩がもつ不思議な性質を、うまく現代の海塩と融合させながら、活用していくのが今後のトレンドになっていくように私自身は感じています。

 

例えば、岩塩と海塩のブレンドソルト。海塩のニガリ成分と岩塩との併用です。

 

今、注目をされている持続可能な開発目標・SDGsの観点からすれば、岩塩を使い続けることは持続可能とは決して言えないものです。

 

岩塩は食用として用いれば、食材をより美味しくしてくれますし、バスソルトとしても非常に人気の高いお塩です。

 

この古代の海からの贈り物を大切に使わせていただきながら、現代の海塩の生産環境、・海洋環境の改善こそが現代に生きる我々の喫緊の課題です。

 

海塩の多くの銘柄からマイクロプラスチックの混在が確認されたというショッキングなニュースがありましたが、私たちの命をささえる「水と塩」は母なる海につながっており、海が汚染され、地下水が枯渇することで、水と塩を奪いあう時代が来てしまうのではないかという不安と供に、海洋環境を良くするために各個人の意識向上が必要不可欠であると、感じています。

 

お塩への感謝を忘れず、綺麗な水の価値が見直される事を願って、この記事を終えます。

 

当店販売の岩塩の特徴と使い方

 

クリスタル岩塩・・パキスタン産の透明無色のガラス質な岩塩。スッキリとした塩味と後味にうま味を感じます。白身魚や鶏肉、サラダ、穀類との相性が良いお塩です。塩水療法にも用いられるお塩。

 

ピンク岩塩・・パキスタン産のピンクに発色する岩塩。若干スパイシーで脂成分をしめてくれるような塩味があり、お肉料理(赤味肉)、ジャガイモ等との根菜類との相性がよいお塩。バスソルトとしても人気です。

 

ブラック岩塩・・パキスタンの伝統的焼き塩。有色岩塩をハーブ類とともに人工的に焼いたお塩です。硫黄臭があり、バスソルトとして人気の高いお塩です。コクのある塩味が特徴でエスニック料理や肉料理とよくあいます。