イランはいい国らしい

イラン産ブルー岩塩

先日、打ち合わせに来ていただいた会社の方からブルー岩塩についての質問があり、ブルー岩塩の採掘地はイランが有名であることをお答えしました。

現在、かなり原料がお高くなっており、個人的にはブルー岩塩のちょっと舌にしびれるような感覚に「常用して大丈夫か」という思いがあって、当店では販売はしておりません。

 

イランと言えば、アメリカとは犬猿の仲で、以前の大統領からは悪の枢軸国とも名指しされた国です。多くの日本人もイランに対しての正しい知識をもっていないので、遠い未知の国。というのが大方の認識ではないでしょうか。

現在、友人の息子(18歳)・中里藍木が世界放浪の旅に出ており、イランでの出来事をFBやブログで書いていますが、彼はイラン人はとてもフレンドリーで親切だと感じ、偶然知り合った家族の家に1週間も滞在させてもらったそうです。イランのごく普通の市民のお家です。

中里藍木のブログ (これは是非!読んでいただきたい)

また、世界を僻地を旅するのが趣味だという方とお話させていただいた時も、「イランはすごく綺麗で、国民も優しい。最高の国。」と聞きました。

どこの国にも表裏があり、旅人の主観でどのようにもとらえられる事ができますが、機会があったら行きたい国のひとつはイランです。

https://www.flickr.com/photos/farshadebrahimi/