深夜2時、熱烈歓迎的なラホール空港

成田を1時間遅れで発ったパキスタン航空機が14時間のフライトを終えてパキスタンのラホール国際空港に辿りついたのは深夜1時半でした。

 

 

乗客のほとんどはパキスタン人と中国人。日本人らしき乗客は見当たりません。

 

 

特に北京から乗り込んできた中国人の数は多く、ここでも中華パワーを見たような気がしました。

 

 

ラホール空港へ今回お世話になるパキスタン人の友人が迎えにきてくれる手はずになっていました。

深夜の到着は予想されていたので、まあ空港におりたてば人影もまばらではぐれることもあるまいとタカをくくっていたのですが、入国審査を終えて空港を出ると熱気をはらんだ群集が柵の向こう側に列をなして待ち構えておりました。

 

 

その中に友人の姿を探すのですが、「いない・・・」。皆同じような顔つきなのでもう一度見渡すが「いない・・・」

 

 

やや呆然と空港玄関で立ちすくんでいると、今、到着したらしきパキスタン人の乗客たちが玄関から出てきます。そのたびに列をなしていた人の輪から花をもち目を潤ませた関係者たちが彼らに走りより抱擁し合っています。

玄関を出てすぐのこのエリアは「熱烈歓迎、再会抱擁の場」らしく、そのためにわざわざスペースをあけているようでした。

 

2016329151550.jpg

ラホール空港の歓迎スペース

 

玄関を出てすぐそんなことばかりが起きているとなかなか次の人がでてこれないので設けられたスペースと見受けれます。そこで抱擁の儀式を済ませた家族たちは退場し、また次の抱擁がはじまるといった形です。あまりその高揚が長いと長銃をかかえた警官が早くこの場を去れと、人の流れをさばいています。

 

再会の度にピンクの花びらが宙を舞い、感極まった人たちの高揚が深夜2時の空港前玄関で充満しておりました。

友人の姿がないので、しばしその情景をスマフォで撮影。

 

 

そのうちに携帯がつながって友人と合流、深夜の道を走って友人宅にたどり着いたのは3時をすぎていました。

途中、警官に車をとめられ、パスポートを提示しました。「いや、深夜でも警戒がすごいね。」と友人に話しかけると、「日曜日に公園で自爆テロがあり、70人近くが亡くなりましたので、警戒を強めているところです。」という説明。

 

 

「70人・・・。」

 

 

深夜2時の熱烈抱擁で見たパキスタン人の家族への強い愛情。彼らのような市井の庶民が被害に逢われたかと思うとなんともやりきれません。

被害者へのご冥福とわが身の安全を祈った塩おやじでありました。