精製塩の功罪

イオン交換膜を使いかん水をつくり、高温で熱してできた”精製塩”は体にはなじまないものとして塩おやじは摂らない方が良いと日ごろ紹介していますが、

 

 

お塩の歴史を調べていると、大量生産できる精製塩が登場したことで、塩の価格が低価格に抑えられ安定供給されることによって、塩の奪い合いの歴史にはピリオドが打たれたのか?と感じるものがあります。

 

 

1世紀以上前の植民地化や戦争には必ず「製塩所」を抑えるという目的が存在していたからです。

戦後、日本の高度成長時代、ほぼすべての日本人は専売公社によって販売された「精製塩」を使っていました。もし精製塩がなければ、高度成長はなかったとも考えられます。

 

(HP:琺瑯看板探検隊が行く から借用)

 

国が若く活気ある時代は体にはキツイ精製塩でも機能していたのかもしれません。また、当時は味噌をちゃんととるという食生活があったため、味噌によって精製塩の弊害を和らげていたという側面もあるのでは?と思っています。

 

 

しかし、この成長期が進むにつれて日本人の健康は劣化していきました。もし、今から「精製塩」しか使えない状況になったとしたら、ますます老齢化し活力が弱まっている日本人の健康には大打撃を与えるでしょう。

 

 

2002年になって解禁された塩の販売自由化は、もしかするとそういった状況を見越したものなのか、とさえ思われます。

 

 

健康にとっては「天然塩」を使うことをおすすめしながら、もし全ての人が使う状況になったらと想像すると恐ろしい状況になります。塩をめぐってもう一度争いごとがおき、塩の値段は高騰するでしょう。

 

 

そうなったら、不本意であっても精製塩を食べることを塩おやじは選ぶと思いますが、今は幸いにもまだまだ塩の重要性に気づく人の数は少数派です。

 

 

その心配をするのはまだまだ先のようです。胸をはって「天然塩クリスタル岩塩」を世に広めていこうと思います。

 

 

本日も丁寧・元気によい1日をお過ごしください。