テレビに出演いたしました

1か月ほど前に「フジテレビで番組制作をしているものですが、お塩の話をしていただくことはできませんか。」というお電話を突如いただき、また新手の営業かと警戒をしたのですが、本当にテレビ出演の依頼だということで早速お打合せをさせていただきました。

BSフジの土曜日の昼間に生放送されている「水前寺清子情報館」というシニアのための情報バラエティー番組の1コーナーに「専門家さんいらっしゃい」があり、そこへの出演依頼でした。

お打合せさせていただきましたディレクターさんに、様々なお塩情報をお伝えし、そこから台本を構成していただきました。各種のお塩の製品紹介に加えて、「お塩と健康」についてもほんの触りではありますがご案内させていただけるという事でしたので、思い切って当方の持論をディレクターさんにお話ししたところ、かなり重要な部分を放送していただけることになり、これは今までの「減塩」推奨番組とは一線を画す、画期的な第一歩であったかもしれません。

その重要部分とは、お塩をきちんと摂る事は「脳梗塞、心筋梗塞などの血液循環器の疾患予防につながる」という説明でした。流石にこの時は、出演ゲストから驚きの声があがりましたが、メカニズムを説明することでかなり納得をされている印象をもちました。

 

テレビ出演当日は、生放送でしたので事故や渋滞に巻きこまれても対応できるように早めに現場に入りましたが、楽屋に個室が用意され、その向かい側が水前寺清子様、ピーター様のお部屋でしたので、何かとても不思議な感じがいたしました。

出演前にはご挨拶をさせていただき、それぞれ出演者にお塩のお土産をお渡しいたしました。ピーター様を楽屋にお訪ねした際はメーク中ということでお話ができなかったのですが、本番CM中にわざわざお礼のご挨拶に来てくださり、大変恐縮してしまいました。

番組本番はアッという間に終わってしまいましたが、本当にさわりだけでもお塩をキチンと摂る事の重要性をお伝えできたのは大きな収穫だったと思っています。

また、前々から温めていた「塩Gポーズ」が、ゲスト出演者の温かいご厚意によって「受けた」ことにはとても感謝しております。(出演者の皆さんも「塩Gポーズ」やってくれました!!)

 

テレビ制作の現場にお邪魔して、現場の緊張感や働くスタッフの一生懸命な姿に刺激をうけた1日でしたが、これからもいろいろな手段で「お塩の大切さ」を伝えていこうと思っています。そして今まさに、塩をとることによる実際の改善症例が積み重なっており、「塩水ソリューション」が起こす医療革命がまさに始まろうとしている予感を感じています。