負けたたまるか!スモールビジネス

先行きが見えない毎日が続いています。
お元気でしょうか。あるいは、生きていますか~と声をかけたほうが良い状況かもしれません。

不安がつきない毎日のなか、ポストコロナ(コロナ後)にどんな世界が待っているのか??いろいろと情報を収集しながら、今、考えています。

そのなかのひとつとして貧富の格差が更にすすみ、AGFA(アップル、グーグル、Facebook、アマゾン)の力が更に強まって、一種のサイバー独裁的な世界が広がることで、スモールビジネスは衰退していくだろうという予測があります。

確かに、ネットに依存する社会で生きる私たちはこの4強が提供するサービスの恩恵を受けながら、それなしでは生活ができない道にと足を踏み入れています。その流れに抗うことは難しい。

しかし、スモールビジネスが生き残る道は残されているはずで、そのキーワードは「共生と連帯」だと思っています。

これからスモールビジネスをする人間が目指すところは一昔前の「一人勝ちの成功」ではなくなるでしょう。独り勝ちをしていれば、更に大きなものに飲み込まれるリスクが増すだけです。目指すべきは「シンプルな暮らし」をしながら、スモールビジネス同志が蜘蛛の糸のように連携網を張り巡らせていくことではないかと考えています。そして「シンプルな暮らし」を維持するためには大企業の大量生産品ではなく、蜘蛛の糸でつながったスモールビジネスのネットワークの中にいたほうが、より安心な良品を確保できる時代になると思います。

今はスモールビジネスの危機です。その中で自分が見える範囲で少しでも力になれればという思いで、コロナ対策支援の「ちゃりT」の販売も始めました。おかげさまで今、多くの応援メッセージとともにご注文をいただけています。

本当に有難いです。

少しでも目の前の危機にこのお金を使わせていただければと考えており、今、自分の商売の傍ら、地域でいろいろと動いているところです。

今は、厳しいですが、この状況でつながるネットワークはきっと今後は更に良いものになっていくと思っています。

強者に力で立ち向かっても潰されるだけ、闘う場所・ベクトルを変えましょう。そして、息を長くして、しなやかに、粘り強くこの時代を生きていきたいと思います。つながっていきましょう~