子供食堂へゼロ円岩塩のご提供

以前も子供の孤食『子供食堂』についてブログで書かせていただいて、少し時間がたちましたのでまたまた告知させていただきます。
 
※子供食堂とは、孤食を防ぐために子供やその家族に無償あるいは低料金で食事を提供する活動の事です。
 
当店はヒマラヤ産でも希少なクリスタル岩塩と、ポピュラーなピンク岩塩を取り扱っております。生産に際しては岩のような原石をクラッシャーにかけて、それぞれの大きさにわけ(ミル、パウダー、ブロック)パッケージをして販売しているのですが、クラッシュするさいにこのサイズにあてはまらないものが多少でます。このような塩は自家消費しているのですが、一家族で使うには余りあるものなので、是非、全国で子供食堂をされている方々に無償提供させていただきたいと思っています。
 
通常販売をしているものと比べると粒にバラツキがあります。選別作業をしていないために自然物が若干混入していますが、目視でとりのぞいていただければ問題なく使えます。
 
うちには毎日のように、ヒマラヤ産の岩塩をなめに子供達が集まってきます。最初は熱中症予防にと、知り合いの子供にあげていたのが、いつのまにか子供の口コミで広がり、今ではいちいち対応ができないので玄関に岩塩をおいています。子供達はちゃんと挨拶とお礼を言ってこの塩を舐めていきます。子供達の活力に欠かせない本物のお塩なのです。子供達は「美味しい」と思ってこのお塩をなめにきてくれます。
 
【玄関先に置いてあるお塩】
 
お塩をなめはじめると子供達の顔つきも変わりますよ。青ばなをたらしていた子が気がつくときれいな顔をしていたりします。
 
もちろん調理に使っていただければ、塩だけで食材の旨味がかわります。塩おにぎりがごちそうになります。
 
無償提供できるお塩には限りがありますが、ご連絡をいただければ必要量をお送りさせていただきますし、活動を支援するために定期的なご提供をさせていただきます。
 
お近くに子供食堂を運営する方がいらっしゃいましたら是非、この記事をシェアしていただきますようお願いいたします。
 
小さな塩屋で、やれることは微力ですが、何かお手伝いできることがあればお声掛けください。
 
商品紹介