高野豆腐のカレー唐揚げ

高野豆腐をお肉に見立てた『なんちゃってカレー唐揚げ』です。

動物性のものは一切使ってないのに、見た目はまるで肉やマグロの唐揚げみたい。
サクサクジュワ~な唐揚げを食べた時の喜びが味わえる一品です。

高野豆腐は手軽に常備できるスーパーフード。高タンパク低カロリーな上に、カルシウムが豊富。良いことづくめの食品です。
揚げ物に使っても脂質とカロリーが抑えられるから、ダイエット中のママやパパはもちろんのこと、お子様やシニア世代にも安心してたくさん食べてもらえる食品。
鉄分やカルシウムなどのミネラルもたっぷり。栄養バランス、バッチリです。


まるで鳥から
「高野豆腐のカレー唐揚げ」

 

 

 

【材料】

・高野豆腐 3枚

[下味用の調味料]
・高野豆腐の戻し汁
・しょうが汁 小さじ1
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ1
・酒 大さじ1
・ベジテ・カレールー 小さじ1

[カレー衣]
・片栗粉 大さじ3
・ましましカレーパウダー 小さじ1/2

・こめ油 又は なたね油


① 高野豆腐を水で戻します。水分切って一口大にちぎります。一枚を5等分くらいが目安です。戻し汁は捨てないでくださいね。次の工程で使います。


② 高野豆腐を絞った後の戻し汁に下味用の調味料を全て加え火にかけ、煮溶かした後で高野豆腐を戻します。中火でよく味が沁みるまで煮含めてください。


③ 完全に水分がなくなるまで煮詰め、器にあけて粗熱をとります。


④ バットに、カレー衣用の粉を合わせておきます。

⑤ 高野豆腐をバットの中で軽く転がすようにしながら、うすく衣をまぶします。


⑥ フライパン又は天ぷら鍋に油を2センチぐらい張り、180度に熱します。高野豆腐を油の中で返しながら、表面全体にこんがり色がつくまで揚げましょう。


中心まで火を通す必要がないので、あっという間に揚がります。*高野豆腐にたっぷり水分が沁み込んでいるので、大変ハネやすいです。火傷をしないように注意してください。

揚げたては、カリッとジューシー!!!なんの肉?と食べた人がびっくりすること間違いなし。
冷めると中の水分が衣に移るので、しっとりして衣のさっくりとした感じは無くなりますが、ふんわりやわらか、また違った食感が味わえます。
カレー風味はお弁当にもピッタリ。買い置きの乾物だけでできるお手軽さが嬉しいですよね。

いつものお料理も、ちょっとした工夫で初めての味に。
カレーパウダーを賢く使って、いろいろなアレンジにチャレンジしてくださいね。